韓国ドラマの過酷な制作環境は改善できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ドラマの制作環境には大きな問題があると以前から指摘されてきた。その主な原因として挙げられていたのは、「あまりに無理な撮影スケジュール」「制作スタッフをはじめとした人材の不足」「出演俳優に多額のギャラが支払われることによる制作予算の偏重」などである。

スター俳優のギャラが高騰

2004,1,30MBC â»çƯÁý±Ø ´ëÀå±Ý.½Åº¸¼±sbs@

韓国では、「ドラマの制作現場の環境が悪くなっている」という声が多く聞かれる。

そうであるならば、いつから環境が悪化したのか。

韓国ドラマに携わる人々の間では、韓流ブームに火がついてからだという見方が主流のようだ。

昔の韓国は、ドラマといえば大家族のドタバタ劇を描くホームドラマか、時代劇が大半を占めていた。1990年代に入ると、核家族化や視聴者の嗜好の変化から、韓国も日本のように美男美女が登場するトレンディードラマが流行するようになる。こうした作品も、あくまで物語の内容や演出力で勝負することが多かった。




ところが、アジア各国で韓流ブームが起こると、ドラマ制作の主眼は人気俳優がどれだけ出演しているかに移るようになった。

その結果、人気ドラマの収益が飛躍的に増大する一方で、一部のスター俳優のギャラが高騰する事態も招いてしまった。

そして、作品の質に厳しい目を持っていた韓国の人々でさえも、自国の作品が海外で評価されることを肯定的に捉えるあまり、スター偏重になっていく現状を甘んじて受け入れる傾向があった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る