コラム/「ヨン様初来日から12年」

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの日の感動を思い出す

初来日したヨン様は羽田空港で恥じらう表情を見せた

関東地方は桜が満開の今日この頃ですね。

親しい方々とお花見をされた方、あるいは、一人静かに桜を眺めた方。いずれにしても、桜には目には見えない大いなるパワーが存在するようですから、きっと明日からはパワー全開で動けますね。

思い起こせば、12年前のこの時期に、桜と同じくらい大いなるパワーを日本にもたらしてくれた「ペ・ヨンジュンの初来日」(2004年4月3日)という歴史的な出来事がありました。




もうすでに、“懐かしい”という言葉で表現するのがふさわしいほど、年月が過ぎ去ってしまいましたね。

韓流好きな私でさえも、その歴史的な出来事を毎年この時期に思い出しているわけではありません。

もはや、思い出さないことのほうが多いほどです。それほど、日々新しい情報がいやおうなしに入ってきて、多くのことに関心が向きます。

そして、韓流文化の楽しみ方も変貌を遂げ、今や、休日の新大久保では中高生の姿を多く見かけるようになりました。

当時、まだ幼稚園にも通っていなかったような女の子たちが、「防弾少年団」などの歌をいとも簡単に韓国語で口ずさんでいる姿を見ると、時代の変遷を感じずにはいられません。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る