韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

就寝時間は10時

K

兵士は軍務を通して成長していく(写真=韓国陸軍公式サイトより)

軍事訓練の場合は、一般的に射撃訓練ばかりやっているように感じるかもしれないが、実際はそうではない。戦闘訓練には様々な種類があって、射撃訓練はその中のほんの一部なのである。

何と言っても、戦闘能力を高めるためには体力がなければならず、そのためにランニングを繰り返すのも軍事訓練であり、障害物を乗り越えるとか地に這いつくばって前進するといった動作を繰り返す。

なお、戦闘訓練の中では、遊撃訓練が非常に苛酷で身体を酷使する。




遊撃訓練とは、練習場になっている山野に出かけて、実際の戦闘を想定して前進したり身を隠したりしながら目標の場所に早くたどり着くというもの。訓練の中でも特に過酷と言われる。終わればヘトヘトだ。

そうした訓練で午前中が終わると昼食になり、若干の休憩を経て午後の訓練が午前と同じように行なわれる。

午後5時になってその日の軍務がすべて終わると、夕食や装備の手入れなどをして休憩時間になり、その後、夜の点呼が行なわれて10時に就寝となる。それが通常の兵士の1日である。

(文=康 熙奉〔カン ヒボン〕)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(2)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る