パク・ソジュンの演技力を楽しむ10「彼が持つ多様性」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『キム秘書はいったい、なぜ?』で究極的なナルシストを演じていたパク・ソジュンは、それでも人間のおかしさを十分に見せていた。そんな彼が『梨泰院クラス』ではどん底から這い上がっていく強さを見せてくれだ。

写真=JTBC『梨泰院クラス』公式サイトより




覚悟が備わった男

ドラマ『キム秘書はいったい、なぜ?』でパク・ソジュンは、ルックスも仕事ぶりも完璧なカリスマ経営者を演じていた。しかし、長く仕えたキム秘書(パク・ミニョン)が辞めると言い出したとたんに、そのカリスマぶりがガタガタと崩れてしまう。そのように、落差を感じさせるコミカルさもドラマの面白さに結びついていた。
しかし、『梨泰院クラス』では違った。
落差もなければ、コミカルでもない。まさに、パク・ソジュンは頭を短く刈り上げて突っ走る男を演じている。
その主人公の名はパク・セロイだ。
「簡単に生きちゃいけない。難しい人生ほどいいんだ」
そんな覚悟が備わった男だ。
そして、「どんな苦難にも立ち向かっていく」という一途な気持ちが強かった。
『キム秘書はいったい、なぜ?』で演じたカリスマ経営者から『梨泰院クラス』のパク・セロイへ……。




あまりにも演じるキャラクターが違いすぎるが、それゆえに、視聴者はパク・ソジュンが見せる七変化を楽しむことができるのだ。
それにしても、パク・ソジュンは本当に引き出しが多い俳優だ。彼が持つ多様性が演じる役柄にもよく出でいる。

文=「ロコレ」編集部

パク・ソジュンの演技力を楽しむ1「落差が大きい役を演じる」

パク・ソジュンの演技力を楽しむ2「独自の俳優像」

パク・ソジュンの演技力を楽しむ3「鈍感なナルシスト」

パク・ソジュンの演技力を楽しむ9「魂を揺さぶられるドラマ」

パク・ソジュンの演技力を楽しむ11「パク・セロイの存在感」

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る