新兵訓練の専門施設「陸軍訓練所」とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

訓練を乗り切る原動力

陸軍訓練所で行なわれる入所式は、一般人から軍人になったと明確に意識するための儀式である。それが終わると、正確な身体検査を行ない、体格にあった服を支給される。併せて、生活必需品も用意される。
さらに、軍服と銃を受け取る。銃は慎重に管理しなければいけないので、その方法について詳細な指導を受ける。
その後に、入隊式に臨んで正式に軍人としてのスタートを切る。
最初は、軍人としての精神教育を徹底的に受ける。続いて、制式訓練に移る。ここで、軍人としての敬礼と行進を学んでいく。
以後は実戦的な新兵訓練が始まる。射撃の予備訓練、射撃の実弾訓練、警戒訓練(歩哨の基本を覚える)、救急法の習得、ガス室訓練、手榴弾訓練、戦闘訓練(特に敵地を奪うための突撃訓練を重視)などを行なう。




新兵訓練の最後には、20キログラムのリュックを背負って20~30キロメートルを早足で移動する行軍を実施する。それをもって新兵訓練のプログラムが終わり、最後に修了式となる。
このような新兵訓練を実際に行なう人も大変だが、待っているファンも何かと心配だろう。それでも、あこがれのスターの無事を祈るファンの気持ちは、本人にも十分に伝わる。それこそが、厳しい訓練を乗り切る原動力になる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

除隊が近づくと芸能人は部隊でどう過ごしているか

今年6月15日以降の入隊から兵役期間が18カ月になる!

BTS(防弾少年団)ファンのための兵役基礎講座1「入隊」

BTS(防弾少年団)の兵役問題!世界中のファンのための提言とは?

芸能人が兵役でよく所属した義務警察は2023年までに廃止される!

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る