パク・ソジュンが見せる「落差」を楽しむ/『キム秘書』セレクト4

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ソジュンとパク・ミニョンが共演した『キム秘書はいったい、なぜ?』は、韓国ドラマの新しいラブコメの面白さを示した作品だ。特にパク・ソジュンが随所に見せる「落差」がこのドラマのツボであった。




急に迷える小羊に!

韓国ドラマの大きな特徴は何か。
それは、「落差」を巧みに利用するということだ。
たとえば、見た目と中身がまるで違うというその大きなギャップが、ドラマ的な面白さを生むことが多い。
そういう意味では、『キム秘書はいったい、なぜ?』は典型的な落差ドラマである。それならば、どこが落差なのか。
とにかく、このドラマは冒頭からパク・ソジュンが演じるヨンジュンが、どれくらい完璧な男であるかを徹底的に見せていく。
ヨンジュンはユミョン・グループの副会長だ。
ルックスはもちろんのこと、いくつもの外国語をネイティブのように話し、会議ではプレゼンターが示す数字の間違いを細かいほどに指摘する。まるで、頭の中に超高速のコンピュータを持っているかのように……。




仕事が抜群にできるし、非の打ち所がない。それが、パク・ソジュンが扮するヨンジュンである。
しかし、これほどの男が、キム秘書(パク・ミニョン)が急に辞めると言い出したとたんに激変する。
まるで、迷える子羊になってしまうのだ。
ここから完璧なはずのヨンジュンの落差が見えてくる。
(ページ2に続く)

パク・ソジュンは「ビジュアルの帝王」!/『キム秘書』セレクト5

ナルシストを演じさせたら『キム秘書』のパク・ソジュンが最高だ!

パク・ソジュン!学生時代に兵役を終えて思う存分に俳優活動に打ち込める

パク・ソジュン主演『キム秘書』の会食シーンが面白すぎて凄い!

『キム秘書はいったい、なぜ?』はなぜこんなに面白いのか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る