『病院船』までハ・ジウォンはどんな女優人生を歩んできたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ハ・ジウォンが主役として鮮烈な印象を残したのがドラマ『チェオクの剣』だった。制作は2003年で、ハ・ジウォンが25歳のときの主演作である。以後、彼女は多くのヒット作で主演を務めている。

写真=韓国MBC公式サイトより




本物の「女優」に成長

ハ・ジウォンは『チェオクの剣』で、抑圧された時代に合わせて、繊細で耐え抜く演技を披露していた。
このドラマのヒットで彼女は大ブレイク。2003年のMBC演技大賞では、最優秀賞、人気賞、ベストカップル賞を受賞して話題をさらった。
2004年にはチョ・インソン、ソ・ジソブとドラマ『バリでの出来事』で共演。この作品は衝撃的なラストシーンで視聴者に強烈な印象を残したが、ハ・ジウォンのはじけるような演技も大きな注目を集めた。
そんな彼女が次に心血を注いだのが『ファン・ジニ』(2006年)の主演だった。
ファン・ジニに扮するにあたってハ・ジウォンは、当代随一の妓生(キセン/宴席で歌舞を披露する女性)としての自尊心を随所に見せながら、苦難に打ち勝とうとする意思を強く演技するように心掛けたという。
特にすばらしかったのが、主人公のファン・ジニになりきっていたハ・ジウォンの舞である。確かに、頭上から撮った躍動的なカメラワークが効果を上げていたが、それ以上に目を見張ったのが、ハ・ジウォンの華麗で羽ばたくような身体の動きだった。




その姿は、「華麗に舞うことが情熱的に生きることなのだ」と視聴者を大いに納得させた。ハ・ジウォンはまさに本物の「女優」に成長した。
さらに、彼女の挑戦が続く。
ドラマ『シークレット・ガーデン』(2010年)で演じたスタントウーマンのライム役では、ハ・ジウォンの心意気がよく伝わってきた。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(ファン・ジニ編)

パク・ソジュン主演『キム秘書』の会食シーンが面白すぎて凄い!

『キム秘書はいったい、なぜ?』はなぜこんなに面白いのか

パク・ソジュンとパク・ミニョン!『キム秘書』で抜群の相性を見せた

『キム秘書』はパク・ソジュンが見せる「落差」を楽しむドラマ!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る