パク・ソジュン主演『キム秘書』の会食シーンが面白すぎて凄い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ソジュンが強烈なナルシストぶりを発揮しているラブコメ『キム秘書はいったい、なぜ?』。このドラマには数々の名場面があるが、日本放送版の第3話で描かれた会食シーンは、見ていても本当に腹をかかえるほどに面白かった。




狼狽するヨンジュン

大企業の副会長として完璧な仕事ぶりをこなすヨンジュン……強烈なナルシストで、自己愛が半端ではない。
そんな人物をパク・ソジュンが魅力的に演じている。
しかし、副会長のヨンジュンは、9年間一緒に仕事をしてきたキム秘書(パク・ミニョン)に辞めると言われて狼狽してしまう。
その挙句に、混乱の中でプロポーズまでするのだが、キム秘書に「副会長は自分の好みではない」とあっさりと断られてしまう。
悩みに悩んだヨンジュン。急に結婚を申し込んだことがいけないわけで、まずは恋愛から始めなければいけないと悟り、プライベートでもキム秘書に近づこうとする。
ちょうど秘書の仲間たちが焼肉を食べながら会食をしていた。
酒が進みすぎて、だんだんと会食の場が騒然となっていくのだが、そこに急に現れたのがヨンジュンだった。




普段は高級店しか行かないので、大衆的な焼肉店に行ったことがない。あまりに煙くさいので顔をしかめていると、店のアジュンマ(おばさん)にきついことを言われてしまう。それでも、キム秘書とプライベートでも親しくなりたいと思うがゆえに、ヨンジュンは我慢をして会食の場に馴染もうとする。
(ページ2に続く)

『キム秘書』のパク・ソジュンはまさに「ビジュアルの帝王」!

『キム秘書はいったい、なぜ?』はなぜこんなに面白いのか

パク・ソジュンとパク・ミニョン!『キム秘書』で抜群の相性を見せた

『キム秘書』はパク・ソジュンが見せる「落差」を楽しむドラマ!

『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ソジュンがとてもいい!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る