BTS(防弾少年団)が兵役免除にならなかった理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

世界的な活躍によってBTS(防弾少年団)の兵役が免除されるのではないか、と期待されたが、結局、兵役制度は何も変わらなかった。なぜ、BTSは兵役免除の対象にならなかったのだろうか。

写真=Big HitエンターテインメントのSNSより




明確な基準がない

韓国には、スポーツと芸術の分野で世界的な活躍をした人に兵役免除の特例を与える制度がある。
スポーツの分野では「オリンピックのメダリスト」「アジア大会の金メダリスト」が対象であり、芸術の分野では「国際芸術コンクール2位以上の入賞者」「国内芸術コンクールの優勝者」が兵役免除となる。
しかし、大衆音楽はずっと特例の対象からはずされていた。
BTSの人気が世界中に広がると、「ビルボードの1位になっても兵役免除にならないのはおかしい」という意見が強くなった。
その一方で、スポーツ選手が兵役免除の特例を意図的に利用する風潮も見られるようになってきた。
そこで、兵務庁と文化体育観光部は共同で、スポーツ選手と芸術家に対する兵役特例制度(兵役免除)の見直しを行なうことになった。




その作業部会は2018年10月から開かれたが、最終的に大衆音楽の分野に兵役免除制度を取り入れることはできなかった。
その理由は何なのか。
わかりやすく言えば、「スポーツや芸術の分野は権威のある大会があって入賞者を特定しやすいが、大衆音楽は兵役特例を決定する明確な基準がない」ということだ。
いわば、民間が作っているヒットチャートのビルボードは基準にならないということでもある。
さらに言うと、韓国で兵役免除は賛否両論に分かれる難しい問題なのだ。特に、息子を兵役に出している母親たちの多くが兵役免除制度に批判的だ。そういう背景もあって、韓国政府は兵役免除の拡大を簡単には実現できないのである。
いずれにしても、BTSの兵役免除がなくなった以上、2020年の後半からメンバーが順に兵役に入っていくものと予想されている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
康熙奉の講演「韓流スターの兵役は今後どうなるか」を開催。11月23日(土)13時30分〜15時 会場は「ふれあい会議室 八重洲No14」東京都中央区日本橋3丁目3−3 加藤ビル4階No14 受講料は3,000円(税込み)。特にBTSやKポップのスターの兵役問題を解説します。詳しいことは下のリンクを見てください。
https://blog.goo.ne.jp/blueguide/e/af5a9211280f424ab66fd7ee574b56cc

BTS(防弾少年団)の活用が想定される「同伴入隊」とは何か

BTS(防弾少年団)の兵役免除も結局は実現しなかったのか

BTS(防弾少年団)も対象となる兵役未了者の海外渡航制限とは?

米メディアで入隊について語ったBTS(防弾少年団)の今後の兵役問題は?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る