韓国のビックリ/追記編40「葬儀」

このエントリーをはてなブックマークに追加

時代で大きく変わった

葬儀では、男性の遺族が頭にずきんをかぶります。儒教では、親の死は世話や誠意がおよばなかった子の罪であると考えるため、遺族や近親者は何の色にも染められていない粗末な服を着ます。
そうやって、子供たちが罪深さを示すのです。
しかし、最近では、服装が簡略化され、特に男性は遺族も弔問客も黒のスーツを着て出席することが多くなりました。
時代によって変化してきたわけです。
昔の葬儀は、土葬のお墓の横に小屋を建てて、2年間ほど朝と夕方にお墓の前に食事を供える祭祀(チェサ=法事)を行いました。
遺族は本当に大変でした。




しかし、今は違います。
かなり簡素化され、葬儀は2、3日で終了します。
以後、毎年命日になると、かならず故人を偲ぶ祭祀が行なわれます。

文=「ロコレ」編集部

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ソウルに転勤となった日本人社員がホトホト困ったことは?

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る