様々な工夫をこらしてイ・ソジンは『イ・サン』を盛り上げた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

イ・ビョンフン監督がイ・サン役にイ・ソジンを抜擢した理由は、彼の持つ多彩な表現力なら、正祖の波瀾万丈の人生をイメージ豊かに甦らせることができると考えたからだ。その予想は見事に的中した。




文武両道を究める王

『イ・サン』の撮影中、イ・ビョンフン監督もビックリする演技があった。
たとえば、アクションシーン。
イ・ソジンは趣味にスポーツとロッククライミングを挙げるだけあって、運動神経が抜群。劇中の乗馬シーンも、スタントマンなしで見事にこなした。
また、無事に即位式を終えた正祖が、警戒態勢解除後の隙をついて侵入した刺客に襲われるシーンでは、自ら刀を手に取った。
そのとき、激しい殺陣が繰り広げられた。
正祖が賊を撃退したという記録はないが、刺客に立ち向かう勇敢な王のイメージを視聴者に強く焼き付ける演技だった。
劇中の正祖は、弓の腕前も武官たちより上だった。
文武両道を究める王のイメージは、まさにイ・ソジンの抜群の身体能力と知性あふれる演技から生まれたといえるだろう。




さらに、正祖は後に親友のソンヨン(ハン・ジミン)を側室に迎えるのだが、宮殿の回廊で出会った両人がお辞儀をするシーンでは、イ・ソジンがなんとウインクをするというアドリブを見せた。
(ページ2に続く)

『イ・サン』を歴史的な傑作に導いたのはイ・ソジンの主役決定!

イ・ソジンは『イ・サン』でどのように役作りを行なったのか

イ・ソジン主演の『イ・サン』はなぜ有名な毒殺説を採用しなかったのか

イ・ソジンが『イ・サン』の主演で特にこだわったことは?

イ・ソジンの主演によって『イ・サン』は名君の一代記として成功した!

イ・ソジン主演の『イ・サン』と『トンイ』をつなぐ鍵となる宝飾品は?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る