イ・ソジンが『イ・サン』の主演で特にこだわったことは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

現在の韓国の人たちは、朝鮮王朝の偉大な国王であった22代王の正祖(チョンジョ)のことを考えたら、頭の中にイ・ソジンが演じた国王の姿が浮かんでくるのではないだろうか。それほど、ドラマ『イ・サン』でイ・ソジンは鮮烈な印象を残した。




苦悩する姿

イ・ビョンフン監督は、正祖の一代記をドラマ化するにあたり、イ・ソジンの起用にこだわったという。
イ・ビョンフン監督と言えば、なによりも「韓国時代劇の巨匠」として数多くの傑作を作った人だ。
その名監督が、満を持して白羽の矢を立てたのがイ・ソジンだ、ということが象徴的であった。
実際、『イ・サン』の中で正祖に扮したイ・ソジンは、深い苦悩の中で熟考する場面が多かった。
たとえば、政敵とも言える貞純(チョンスン)王后を、即位後に処罰すべきかどうかで悩んでいるときのイ・ソジンの演技は象徴的だった。
それは『イ・サン』の第47話の各場面だった。
重大な決断をしなければいけないときに、セリフではなく、表情のちょっとした変化でイ・ソジンは名君の深い思考を表していた。




その演技は奥深かった。
それゆえに、視聴者をドラマの中に引き込んだ。
(ページ2に続く)

イ・ソジンの主演によって『イ・サン』は名君の一代記として成功した!

イ・ソジンが語ると『イ・サン』がさらに面白くなる!

傑作『イ・サン』の主役にイ・ソジンが選ばれた理由とは?

『イ・サン』でイ・ソジンが見せたセンス抜群のエピソードとは?

イ・ソジンが主役の『イ・サン』を成功させたイ・ビョンフン監督の手腕とは?

イ・ソジン主演の『イ・サン』と『トンイ』をつなぐ鍵となる宝飾品は?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る