撮影快調!コン・ユとパク・ボゴムがダブル主演する映画『徐福』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

企画段階から韓国で話題となっている映画『徐福』。この映画でパク・ボゴムが演じるのは、末永い生命力を持った人類初となるクローン人間の徐福である。その特異な存在に近づくのが国家機関の代理人でコン・ユが扮している。




いよいよ撮影も終盤

映画『徐福』では、複製として作られたクローン人間をめぐって、様々な人間たちが欲望をむきだしにしていく。
その果てに起きる数々の事件にパク・ボゴムとコン・ユがからむ。まさに、当代随一の人気俳優の共演は大いに注目されている。
撮影も快調だ。夏に大々的なロケを行なったのが慶尚(キョンサン)南道の統営(トンヨン)市だ。俳優やスタッフなど総勢で200人以上が美しい海に隣接する統営市に集まり、各シーンの撮影が行なわれた。
そして、2019年9月19日の段階では、全州(チョンジュ)映画総合撮影所で撮影が行なわれている。
この全州映画総合撮影所は2008年4月にオープンしたが、すでに88作品の撮影施設に選ばれている。カンヌ国際映画祭で最高賞を得たポン・ジュノ監督作品の『パラサイト』も、その60%が全州映画総合撮影所で撮影されたという。




この施設が大人気なのは、屋内と屋外の両方ですばらしいセット場を持っているからだ。それほどの撮影所で快調に撮影されている映画『徐福』。いよいよ撮影も終盤に入って
いる。
パク・ボゴムとコン・ユもさぞかし集中していることだろう。

文=「ロコレ」編集部

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』のロケ地・統営市とは?

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

コン・ユ主演の映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を早く見たい!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る