ド・ギョンス(EXOディオ)主演『100日の郎君様』に出た美しい靴は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NHKのBSプレミアムで毎週日曜日の午後9時から放送されている『100日の郎君様』。9月8日に放送された第8回では、若い女性が履く美しい靴が出てくる。その靴について説明しよう。

花の模様が入った「コッシン」




「花の履物」

『100日の郎君様』の第8回では、ウォンドゥク(ド・ギョンス)がホンシム(ナム・ジヒョン)に美しい靴を贈る。
あの靴は、どういうものなのだろうか。
まずは、朝鮮王朝時代の履物について見てみよう。
王や高官たちが公式的に履いた靴が「木靴」(モッカ)である。ブーツのように履き口がとても高い靴だ。
鹿などの動物の皮革で作られていた。
一方、王族の女性や裕福な夫人たちが履いた靴が「タンヘ」である。
動物の皮革か絹織物で作られていた。
庶民の女性は藁(ワラ)や麻で作られた靴を履いていたが、上流階級の人は履く靴がまったく違った。
その「タンヘ」の中で、刺繍を入れた高価なものがあった。特に、花の刺繍を入れる場合が多かったので「コッシン」(花の履物という意味)と呼ばれた。




この「コッシン」は主に若い女性が履くものだ。ウォンドゥクがホンシムに「コッシン」を贈ったのも、彼に特別な思いがあったからだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

ド・ギョンス(EXOディオ)主演『100日の郎君様』の世子とは何か

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1

必読!パク・ボゴム主演『雲が描いた月明り』を理解するための歴史解説

3年経っても『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムが秀逸!

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る