BTS(防弾少年団)も影響を受ける「兵役未了者の海外渡航制限」とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役を終えていない男性の海外渡航に関しては、様々な制限が付いてまわる。たとえば、それはどんな事柄なのだろうか。BTSの海外公演にも影響を与えている「兵役未了者の海外渡航」の規定を見てみよう。




出国時に国外旅行許可を受ける

韓国の場合、兵役を終えていない男性が海外に出掛けるときに、様々な制限を受けている。それを要約すると、以下のようになる。
◆満25歳以上で兵役を終えていない男性は、出国する際に「国外旅行許可」を受けなければならない。
◆満25歳から満27歳までの兵役を終えていない男性は、1回につき6カ月以内の海外旅行が許可されるが、海外にいる期間が2年を超えることはできない。また、学業中でないかぎり、許可を受けられるのは5回までである。なお、満28歳に達していれば、よほどの理由がないかぎり兵役を延期することができない。
◆Kポップのメンバーたちは、25歳になると海外活動のために6カ月の短期パスポートを申請する。
◆パスポートの発給は本人が直接行なう。よって、兵役を終えていない人が海外で長く活動するときは、いったん再入国をしなければならない。




◆メンバーの1人でも上記の海外渡航制限に合致しなければ、グループ全員で海外公演をすることができなくなる。
こうした海外渡航の制限を受けながら、BTSのような人気グループは海外に出掛けて公演を行なっているのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

米メディアで入隊について語ったBTS(防弾少年団)の今後の兵役問題は?

「防弾少年団(BTS)に兵役免除を!」という論議が深まるか

BTS(防弾少年団)の兵役問題を考える時に一番重要なことは?

東方神起ユンホや2PMテギョンなど兵役で名を上げたスターの活躍が頼もしい!

韓流ファンのための兵役解説講座1「兵役等級」

今後半年間に除隊する主な韓流スターは誰なのか

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る