3年経っても『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムが秀逸!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『雲が描いた月明り』が韓国で制作されたのは2016年である。もう3年も経っている。それでも、何度でも見たいのが『雲が描いた月明り』だ。これほど息が長いドラマも珍しい。それほど面白いのだ。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




歴史では「不運の世子」

『雲が描いた月明り』は原作がウェブ小説で、ドラマもファンタジーな要素が強かったのだが、史実を生かしたストーリーは重厚でさえあった。さらに、なんといっても主役のパク・ボゴムが本当に良かった。
このパク・ボゴムが演じたイ・ヨンは、歴史的には孝明世子(ヒョミョンセジャ)のことだ。
1809年に生まれた孝明世子は、朝鮮王朝の数多い世子(セジャ/国王の正式な後継者)の中でもっとも聡明であったと言われている。実際に父の純祖(スンジョ)の代理として政治を仕切って抜群の実績を挙げていた。
そのまま国王になっていれば、どれほどの名君になったことか。
しかし、1830年に21歳で早世してしまった。
その死はあまりに惜しく、歴史上でも「不運の世子」として知られている。そんな孝明世子を悲劇的に扱うのではなく、あくまでも若くてイケメンで有能であったと描いたのが『雲が描いた月明り』だった。




とにかく、主人公のイ・ヨンを演じたパク・ボゴムが良かった。
最近の若手俳優の中でパク・ボゴムほど伝統的な衣装が似合う俳優は他に思い浮かばない。それほど彼は、冠がよく似合い、韓服がサマになっていた。その上で、若き指導者を颯爽と演じるのだから、ドラマが面白くないわけがない。
今までは悲劇で語られることが多かった孝明世子が、パク・ボゴムが演じたことによって、明るく若々しい面が強調されていた。
パク・ボゴム自身、イ・ヨンというキャラクターについてどのように語っているだろうか。
(ページ2に続く)

必読!パク・ボゴム主演『雲が描いた月明り』を理解するための歴史解説

去り際に手を振るパク・ボゴムには別世界に引き込まれるような哀愁がある!

大物俳優が兵役から復帰する中でパク・ボゴムは真価を発揮できるか

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

パク・ボゴム!笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る