兵役免除になった大物スターの意外な免除理由とは?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

徴兵検査を受けると、1級から7級までの兵役等級を判定される。それによって、現役兵になったり兵役免除になったりするが、大物スターの場合はどうだったのだろうか。兵役免除になった理由について説明しよう。




どんな身分となるのか

兵役等級によって、どのように判定されるだろうか。
・1級から3級までが現役兵
・4級は補充役となり社会服務要員となる。
・5級は第二国民役で平時には兵役免除となるが、戦時には勤労召集の対象者となる。
・6級は完全な兵役免除
・7級は徴兵検査再診対象者
このように、5級か6級と判定されると、兵役が基本的に免除される。
他に、次に該当する人たちが兵役免除となる。
・本人でなければ家族の生計を維持できない人
・2年以上の受刑者(執行猶予者を除く)
・学歴が低いと認定された人
・孤児や帰化者など
・外国に永住権がある人




この他に、スポーツの分野では「オリンピックで銅メダル以上、アジア大会で金メダル」ならば現役兵としての軍務が免除される。また、音楽の分野でも国際コンクールや国内コンクールで優秀な成績をおさめた人が免除対象になる。
以上のことをふまえて、大物スターの兵役免除の理由を見てみよう。

それぞれの事情

ペ・ヨンジュンの場合は、理由が「視力不足」だった。
矯正視力が一定の基準に満たない場合は兵役免除の対象になる。ペ・ヨンジュンの場合はこの条件に該当した。
チャン・ドンゴンの場合は、理由が「疾病」だった。
彼は「気胸」を患った経緯があった。これは、呼吸困難や胸の痛みをともなう疾病であり、チャン・ドンゴンは兵役履行が無理と判定された。
チョン・ウソンの場合は、理由が「学歴不足」だった。




彼は高校を中退しているために、最終学歴が中卒の扱いだった。これによって学歴不足と認定されて兵役免除になっている。
パク・ヘジンの場合は、理由が「精神の不安定」だった。
彼は「うつ病」で長く苦しんでおり、それが兵役免除の認定につながった。最近の徴兵検査では精神鑑定を厳密に行なう傾向が強く、「精神の不安定」を理由に兵役免除になるケースが増えている。
以上、大物スターが兵役免除になった理由は「視力不足」「疾病」「学歴不足」「精神の不安定」などであった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

東方神起ユンホや2PMテギョンなど兵役で名を上げたスターの活躍が頼もしい!

9月30日に入隊するFTISLANDのイ・ホンギの除隊日はいつ?

かつての韓流四天王の兵役はどうだったのか?

兵役免除は全体の約5%!果たして特権階級の息子は?

超解説!社会服務要員とは何か?

BTS(防弾少年団)にも影響? 今後大きく変わる芸能人の兵役問題

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る