朝鮮王朝の王妃の中で不運にも「廃妃」になったのは誰?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝の法律に沿って国王が決定したように、王妃もまた厳格な法を適用されて決められていた。それだけに、王妃を廃妃にするのは容易ではないのだが、実際には多くの王妃が廃妃になっている。




同情を集めた廃妃

廃妃となった主な王妃を見ていこう。
不運なのは、夫がクーデターで王位を追われたことで廃妃になったケースだ。
10代王・燕山君(ヨンサングン)の正妻だった慎(シン)氏、15代王・光海君(クァンヘグン)の正妻だった柳(ユ)氏が該当する。
彼女たちには尊号が贈られていないので、歴史的にも「廃妃・慎氏」「廃妃・柳氏」としか呼ばれない。
よって、“廃妃”という形容が永久についてまわる。
理不尽な形で廃妃となったのは、11代王・中宗(チュンジョン)の最初の正妻だった端敬(タンギョン)王后だ。
本人に落ち度はまったくなかったのだが、彼女の叔母が燕山君の正妻だった慎(シン)氏であり、父親も燕山君の側近だったことから、クーデターを成功させた高官たちから警戒された。




その末に、中宗が望んでいないのに、高官たちによって廃妃が決められてしまった。庶民から同情を多く集めたのも当然のことだ。
この端敬王后は時代劇『七日の王妃』のヒロインになっている。
(ページ2に続く)

『七日の王妃』主人公の端敬(タンギョン)王后!離縁後の人生は?

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

英祖(ヨンジョ)の人生がよくわかるエピソード集!

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る