チャン・グンソクなど大物俳優を多く輩出した漢陽大学とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

漢陽(ハニャン)大学出身の俳優の顔ぶれが凄い……チャン・グンソク、イ・ヨンエ、チェ・ジウ、イ・ドンゴン、ソル・ギョング、ペ・ドゥナなど。これほど著名な俳優を輩出した漢陽大学とは、どんな大学なのか。




演劇映画学科の特徴は?

漢陽(ハニャン)大学の「漢陽」とは、朝鮮王朝時代の都の地名。現在の韓国の首都であるソウルの旧名だ。
そして、漢陽大学は1939年に工学を専門とする博士によって設立された。
現在多くの学生が学ぶ総合大学に発展したが、もともとが工学系の学校であるため、工学、建築、情報通信、医療など理系の学部に特に力を注いでいる。
キャンパスはソウル東部の城東(ソンドン)区にある。
漢陽大学で1960年に創設されたのが映画学科。そして、その後に演劇映画学科に発展し、現在もその存在は広く知られている。
漢陽大学の演劇映画学科の特徴は、ユニークな授業を取り入れて、演劇や映像に携わることを希望する学生が、創造性に富んだものに触れる機会を増やしていることだ。
そして、基礎的な授業の多くは他の演劇専門学科と共通しているが、漢陽大学ならではの授業も多い。




たとえば、1年生はまず「言葉と文字」に関連した授業を受講する。演技をする上でも、脚本を書く上でも、国語である韓国語の基礎がしっかりしていなければならないという強い信念があるからだ。そこで、学生たちは高校で習った国語の発展形として、読み・書き・会話を徹底的に教え込まれる。
「なんで大学にまで来て韓国語を勉強するんだ」
そう不思議がる学生もいるようだが、将来を考えると欠かせない授業なのだ。
(ページ2に続く)

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

たとえ兵役で不在でもファンの心にチャン・グンソクの言葉が甦る!

ありがとう!チャン・グンソクの兵役中は『テバク』を堪能する!

ちょうど丸1年が経過したチャン・グンソクの兵役を振り返る!

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る