イ・ミンホの復帰作となる『ザ・キング』!共演のキム・ゴウンの演技は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役を終えて芸能界に戻ってきたイ・ミンホ。彼の復帰作が『ザ・キング:永遠の君主』である。脚本が超大物のキム・ウンスク作家ということで注目されているが、イ・ミンホの共演相手になるのがキム・ゴウンだ。彼女は『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』でも見事な演技を見せていた。

『トッケビ』で見事な演技を見せたキム・ゴウン(写真=tvN『トッケビ』公式サイトより)




難しいキャラクター

キム・ゴウンは、映画『ウンギョ 青い蜜』でセンセーショナルなデビューを飾った。それから、いくつかの映画で非常に個性的な役を演じた後、ドラマでは『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』で、パク・ヘジンと不思議なラブストーリーを展開していた。
『シークレット・ガーデン』『太陽の末裔』『トッケビ』で知られる超人気脚本家のキム・ウンスク作家は、『トッケビ』のときにコン・ユの相手役としてキム・ゴウンを選んだ。
その理由は何か。
それは、ドラマを見続けているとよくわかってくる。現世をさまようトッケビに対してその花嫁になる女性には、いかにも現代的な活発さと苦境にも負けないバネの強さが必要だったのだ。そうでなければ、トッケビの花嫁として死神や幽霊のような人物たちと一緒の生活を送れるわけがない。




これほど難しいキャラクターなので、よほどの演技の裏付けがないと役になりきるのは難しい。そういう理由もあって、演技に定評があるキム・ゴウンがヒロインに選ばれたのであった。
(ページ2に続く)

イ・ミンホ 新世界を見つけたスター

イ・ミンホが兵役を終えて復帰して芸能界が活気づく!

ネットで批判されたイ・ミンホの兵役問題を考える

イ・ミンホ 際立つ発信力の秘訣

2014年のイ・ミンホは7つの質問にどう答えたか

社会服務要員となったイ・ミンホの兵役の今後は?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る