ウットリ!斜め45度の花美男(特別編集版)

このエントリーをはてなブックマークに追加




眼差しが一層優しくなる

イメージというのは、そのスターがかもし出しているオーラが決定的に影響する。
それだけに、可能であれば角度を変えてスターを改めて見るという自分なりのスタイルを広げたい。
もう一つ、韓流スターを見る場合に忘れてはならないのは、彼らが、儒教的な倫理観が社会に根強く浸透している韓国で暮らしているということだ。
そんな韓国で特に儒教の影響を感じるのは、「長幼の序」がいまだに重んじられていることを実感したときだ。
なんといっても、韓流スターは若いので、取材してくれる記者や応援するファンのほうが年上の場合が多い。
いくら韓流スターが人気者とはいえ、自分のほうが相手より年下だと思うと、常に謙虚になる。
また、韓国語というのは敬語が非常に細かく規定されていて、そうした敬語を使うときは誰もが表情が奥ゆかしくなる。




それがまたファンにはたまらないのだが、謙虚な彼らを斜め45度から見ると、眼差しが一層優しくなるように感じられる。
そういう意味でも、花美男を見るなら、斜め45度の角度がお勧めだ。

文=「ロコレ」編集部

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

『ゲーテ』に載った東方神起の記事が素晴らしい!

40歳になったコン・ユは『黄金の40代』を築けるのか

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る