韓国で焼肉を食べると果たしてどういうことになる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国に行ったら、絶対に焼肉を食べたい。しかし、注文を間違わないようにしなければならない。韓国で焼肉といえばまずはプルコギなのだ。「プル」は火で、「コギ」は肉という意味。これは味がついたロース肉をヂンギスカン鍋のような鉄板で焼くものだ。

これだけの一品料理がみんな無料!




一品料理はすべて無料

韓国で肉を焼いて食べる、というと、一番ポピュラーなのが、味が付いていない豚肉を鉄板で焼いて塩入りのゴマ油で食べる「サムギョッサル」だ。安くて人気がある。
一方、日本の焼肉のように網焼きで食べたければプルコギでなく「カルビ」を注文すればいい。
味が付いた骨付きカルビをハサミで切りながら炭で焼いてくれる。これなら、「本場で念願の焼肉を食べた」という気になるだろう。
まずは、カルビ2人前とビールを注文した。
先に出されたビールを飲んでいると、カルビが焼き上がる前にテーブルいっぱいに一品料理が並んだ。
白菜キムチ、生野菜、味付けネギ、メカブ、カニ、モヤシ、水キムチ、豆腐……。出てくる、出てくる。メインディッシュさえ注文すれば、こうした一品料理はすべて無料でお代わり自由だ。




ビールのつまみに最高なので、小皿に盛った一品料理もどんどんなくなっていく。その度に頼むと、愛想よく次々と持ってきてくれた。
景気よく食べていると、他の客の相手をしていた50歳くらいのアジュンマ(おばさん)がやってきた。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

日本に留学した韓国人がビックリするほど実感したことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る