韓国に旅行に行くとなぜか親切な人にたくさん出会う!

このエントリーをはてなブックマークに追加

親切でお節介な人たち

1万ウォン札を入れるとポコッと出てきたのは、漫画で幸せそうな家族を描いたカラフルなカードだった。
あわてて、さっきのハラボジが寄ってきた。
「アンタ、それ、宝くじだよ。両替するなら、その右の機械!」
確かによく見ると、両替機は宝クジの機械の右側にあった。それにしても、機械の配置があまりにまぎらわしい。おかげで、釜山に来て初めて買ったものが「宝クジ」という有様になった。
「ハラボジ、さっそく釜山でお金をたくさん使いましたよ」
そう言うと、ハラボジは「当たったら私にも分け前をくれよ」と言って満足そうに大笑いした。
ようやく切符を買い終わると、ハラボジはもう別の観光客の背後に忍び寄って、何かあればサッと駆けつける態勢を整えていた。




「あなどれないね」
そう思った。
こういう親切でありお節介な人が、ソウルや釜山にとても多い。かくして、観光客は韓国の人たちの情にたっぷり触れるのである。

文=「ロコレ」編集部

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に留学した韓国人がビックリするほど実感したことは?

ソウルに転勤となった日本人社員がホトホト困ったことは?

韓国語を学ぶ日本人留学生はどんなことに苦労するのか

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る