ペ・ヨンジュン!デビュー25周年の肖像

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ペ・ヨンジュンが俳優としてデビューしてから25年になった。2007年の『太王四神記』を最後に彼の主演作はない。ファンとしては寂しいが、改めて俳優ペ・ヨンジュンの25年間を振り返ってみよう。




時代が求めた新進スター

ペ・ヨンジュンがドラマ『愛の挨拶』で俳優デビューした1994年、日本で韓国ドラマに興味を持つ人はほとんどいなかった。
当時の日本は、トレンディ・ドラマの全盛期。都会的なシャレた生活を楽しむ若い男女の恋愛群像が茶の間で大いに受けていた。
ただ、新しい価値観を持った若者が都会にあふれるようになったのはソウルも同じだった。おシャレなスポットが多い江南(カンナム)地域には、享楽的に流行を楽しむ20代前半の若者たちが目立ったが、彼らは特に「X世代」と呼ばれた。
その頃、X世代は「既成世代の枠から抜け出し、自分なりの価値観を持った新しいタイプの新世代」と言われた。経済成長を背景に、韓国にも大衆文化を活性化させる新しい風が吹き始めていたのである。
ペ・ヨンジュンのように1972年前後に生まれた人たちは、その担い手だった。そういう意味でも、ペ・ヨンジュンは時代が求めた新進スターであったと言える。
確かに、経験の不足から演技の未熟さを指摘されることはあった。しかし、大いなる可能性を感じさせる素質がキラリと光っていた。それを見逃さなかった制作プロデューサーによってペ・ヨンジュンは抜擢され、『海風』『若者のひなた』『パパ』と次々に主役をまかされた。




しかも、1作ごとに若手俳優として新境地を切り開き、厳しい視聴者からも好感をもって迎えられた。
そんな上昇気流が頂点にまで達したのが『初恋』だった。
(ページ2に続く)

ペ・ヨンジュン 過去への旅路 [第1回]

ペ・ヨンジュン 熟睡する俳優魂

ペ・ヨンジュンとチェ・ジウは2009年の記者会見で何を語ったか

ペ・ヨンジュンは2009年の記者会見で自著について何を語ったか

長女誕生で2児の父となったペ・ヨンジュンの家族愛は?

衝撃のヨン様フィーバー/平成の韓流名場面集1

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る