『ゲーテ』に載った東方神起の記事が素晴らしい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『GOETHE(ゲーテ)』(幻冬舎発行)の2019年9月号に東方神起のインタビュー記事が6ページにわたって掲載された。その記事を読んでいくと、2人が大切にしていることがよくわかってくる。

『GOETHE(ゲーテ)』(幻冬舎発行)の2019年9月号




誰かのために

『GOETHE(ゲーテ)』の2019年9月号は全体のメインテーマが「私の最愛酒」になっている。
その関係で、東方神起の記事も2人の酒に関する話題で始まっている。
彼らの酒を飲むスタイルが微笑ましい。
ユンホは、ツアーの打ち上げで30人いたら30回も杯(さかずき)を交わす、と言っている。
チャンミンは、妹2人と初めて一緒に飲んで家族との絆が深まった、と語っている。
ユンホもチャンミンも、人間関係の潤滑油として酒を重宝していることがわかる。
続いて記事は、2人の内面を見事に描き出してくれる。
チャンミンは、誰かのために頑張りたいという気持ちが原動力になっている、と述べている。




つまり、ファンの声援を励みにしているということだ。
「自分のため」というより、「誰かのために」……。
こう思える人は本当に強い。
(ページ2に続く)

東方神起もかならず受けてる除隊後の動員訓練とは何か?

日刊スポーツが報じた東方神起「ツアー完走」の雄姿!

東方神起の復帰を『婦人公論』が素敵な記事で祝福!

あの『週刊文春』が東方神起の兵役と復帰を好意的に報道!

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

東方神起ユンホの「堂々たる除隊」

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る