パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『建築学概論』

緻密な構成

イ・ヨンジュ監督は、延世(ヨンセ)大学の建築学科で学び、建築士として10年間勤めた後に映画の世界に入った。
優秀な監督の作品を手伝いながら映画を学び、時間をかけて『建築学概論』の脚本を書き上げた。
その後、商業映画で監督デビューをはたし、2012年に『建築学概論』を演出して大ヒットを飛ばした。
理科系出身の演出家らしく緻密な構成で物語を作っていくイ・ヨンジュ監督。2人の人気俳優をダブル主演にしてイ・ヨンジュ監督は映画『徐福』をどう制作していくのか。その手腕に大いに期待したい。
なお、映画『徐福』は複製として作られたクローン人間をめぐって様々な人間たちが欲望をむきだしにしていくストーリーとなっている。




パク・ボゴムが演じるのは、末永い生命力を持った人類初となるクローン人間の徐福である。
その特異な存在を取り込もうとする国家機関のエージェントをコン・ユが演じる。

文=「ロコレ」編集部

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

コン・ユ主演の映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を早く見たい!

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』のロケ地・統営市とは?

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る