パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』のロケ地・統営市とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・ボゴムとコン・ユのダブル主役となる映画『徐福』。6月中旬から8月上旬まで統営(トンヨン)市でロケを行なっている。撮影はとても順調であり、風光明媚な都市で素晴らしい映像がたくさん撮られている。

風光明媚な統営市(写真提供=統営市)




200人以上の制作陣が集結

慶尚(キョンサン)南道の統営(トンヨン)市は朝鮮半島の南岸に位置する風光明媚な海洋都市だ。
人口は約14万人である。
ここは海産物がとても美味しいことでよく知られているが、統営市は観光客増加の新たな戦略として映画・ドラマ撮影誘致に力を入れている。
その一環として、統営市は2019年3月に釜山映像委員会と業務提携を結び、積極的にロケ地としてアピールしている。
その効果で、多くのドラマや映画が撮影地に使用したいと名乗り出ていて、その中で『徐福』がいちはやく統営市を使うことになった。
統営市役所の担当者はこう語っている。
「映画の撮影地になれば多くの人に知ってもらえますし、地域経済に良い影響があります。




今後も市と制作陣が連携を深め、いい映画になるように協力します」
実際、俳優やスタッフなど総勢で200人以上が6月中旬に統営市に集結して撮影がスタートした。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

コン・ユ主演の映画『82年生まれ、キム・ジヨン』を早く見たい!

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る