パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優とスタッフが集結!

さらなる話題は、パク・ボゴムがコン・ユと共演することだ。
コン・ユは、国家機関の代理人としてパク・ボゴム扮する徐福を取り込もうとする。それだけ、2人のからみが多くなる。
そういう意味でも、当代随一の人気俳優の共演は本当に興味深い。
その撮影も、慶尚(キョンサン)南道の統営(トンヨン)市で8月上旬まで大がかりに行なわれている。
統営市といえば、朝鮮半島の南岸に位置する風光明媚な都市で、過去にも映画やドラマでロケがよく行なわれている。
この統営市に俳優やスタッフなど総勢で200人以上が集結し、各シーンの撮影に没頭している。




その中心にいるのがパク・ボゴムとコン・ユだ。
映画『徐福』の完成が本当に待ち遠しい。

文=『ロコレ』編集部

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

ページ:
1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る