パク・シフは2014年に家族についてどう語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

弟がうらやましかった

――弟さんは元プロ野球選手ですが、別の分野で活躍したという点で、弟さんから学ぶことがありますか?
「弟から学ぶことが多いですよ。実は弟がうらやましかったんです、子供のころから。スポーツ万能、しかも頭もいい。何と大統領賞(!)までもらった、まさしく“我が家の期待の星”でしたからね」
――凄いですね。
「とにかく、何にでも一生懸命取り組む姿を弟から学んだと言えるんじゃないかな。その弟が野球をやめた時は衝撃でしたね。あれほど運動が得意で、本当にうまかったから、兄としてもとても複雑な気持ちでした」
――これからどんな俳優になっていきたいですか?
「歳を重ねても、自分だけの“香り”がただよう俳優になりたいですね」




――日本の作品に出演してみたいと思いますか。
「当然、出演してみたいと思いますよ。ファンタジーがある恋愛ドラマあたりから始めたいですね。かっこいいキャラクターで!(笑)」

インタビュー実施年=2014年
構成=「ロコレ」編集部

パク・シフは時代劇について何を語ったか

パク・シフが存分に語った『黄金色の私の人生』の面白さ!

『王女の男』の制作陣が語るパク・シフの魅力!

パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

渾身の公演レポート!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」

『名もなき英雄』の見どころはココ!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る