2010年にイ・スンギとハン・ヒョジュはファンの前で何を語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2009年に制作された『華麗なる遺産』で主役コンビとなったイ・スンギとハン・ヒョジュは、フジテレビで放送されるのに合わせて来日し、2010年3月5日に東京・お台場のフジテレビで記者会見を行なった。その後、マルチシアターに場所を移し、抽選で選ばれたファンを招待したイベントが開催された。




真面目なドラマ

イ・スンギとハン・ヒョジュの2人が爽やかな笑顔でステージに登場すると、ファンの惜しみない拍手と大歓声が響きわたった。
早速インタビューが行なわれ、2人は伸び伸びと答えた。
――『華麗なる遺産』の魅力について教えてください。
イ・スンギ「このドラマは、ひと言でいうと真面目なドラマです。この作品では、全体を通じて人の温かさというものが感じられます。みなさんも、このドラマでその心をつかみ取っていただければと思います」
ハン・ヒョジュ「韓国では、このドラマを説明するときに、必ずついていた装飾のことばがあります。『良いドラマ』です。それだけ、このドラマは悪い素材がなく、本当に人の温かさや正しさ、やさしさが描かれています。現在の社会で重要だといわれる、愛、家族、お金について描いています。そのすべてが相まって、さまざまなことに気づかせてくれるドラマです」
ここで、スクリーンにはイ・スンギが演じたソヌ・ファンの生意気な態度が映し出される。




――傍若無人な役を演じられていたときは、どのような気持ちでしたか。
イ・スンギ「特に何か考えて演じていたというよりも、もともとは、みなさんが私に対して持ってくださっているイメージを気にすることなく、きっと人間ならだれもが自分の中に持っているであろう、自己中心的なところやわがままな部分を出してみようと演じました」
(ページ2に続く)

イ・スンギとハン・ヒョジュは2010年の来日時に何を語ったか(前編)

イ・スンギとハン・ヒョジュは2010年の来日時に何を語ったか(後編)

イ・スンギ!精悍さとパワーを増して4年ぶりに日本に戻ってきた

検証!イ・スンギ主演『花遊記』の放送事故

イ・スンギは兵役中も誠実なナイスガイ!

『花遊記』問題!ドラマの放送事故がなくならない理由

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る