ペ・ヨンジュンとチェ・ジウは2009年の記者会見で何を語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2009年9月29日、東京ベイコート倶楽部で、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウの記者会見が行なわれた。韓国からも大勢の報道陣が詰めかけて、大変な熱気だった。その中で、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウは記者の質問に明快に答えた。




あれから7年が過ぎた

ペ・ヨンジュンはやや緊張した面持ちだったが、チェ・ジウは天性の明るさをふりまいていた。
――アニメ『冬のソナタ』のチュンサンの声優を担当した感想は?
ペ・ヨンジュン「今回、『冬のソナタ』の初恋の情熱、初恋の暖かい想い、幸せな気持ちをもう一度感じることができてありがたく思っています。これからアフレコが少し残っていますが、最後まで一生懸命に打ち込んで、みなさんに良い作品をお見せしたいと思います」
チェ・ジウ「こんにちは、チェ・ジウです。アニメ『冬のソナタ』の声を担当して、『あれからもう7年も過ぎたんだなあ』と感慨深く受け止めております。ドラマを愛してくださったみなさんに、今度はアニメでチュンサンとユジンの新しい物語をお届けできればうれしいですね」
――お二人から見て、アニメで描かれたたご自身をどう思いますか。
ペ・ヨンジュン「いかがですか、似ていますか。私としては、若々しく描いていただき大変ありがたく思っています」




チェ・ジウ「実際の私よりも、もっと可愛らしく、そして、もっと綺麗に描いてくださっている気がします。アフレコでも、ドラマのときよりもっと明るく演じなければ、と思っています」
(ページ2に続く)

長女誕生で2児の父となったペ・ヨンジュンの家族愛は?

ペ・ヨンジュンが示す「子供への無限の愛」

結婚したチェ・ジウが多くの人に愛される理由!

ペ・ヨンジュン 熟睡する俳優魂

ペ・ヨンジュン 過去への旅路 [第1回]

ドラマがもっと面白くなる撮影エピソード1『冬のソナタ』編

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る