イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2009年9月12日に東京・中野サンプラザで行なわれたイ・ソジンのファンミーティングを振り返る記事の最終回。ひととおりのトークが終わってから、イ・ソジンは客席に降りて行った。ファンは感激して「イ・ソジン・シー」「サランヘヨ」という言葉を連発していた。




最も大変な作品

イ・ソジンは、ドラマ『紅の魂~私の中のあなた~』について語った。
――演じているキャラクターの魅力はどんなところにありますか。
「どんな人間も善と悪の面を持っています。悪という面は理性や道徳、感性などで抑えながら生きていますが、私が演じたキャラクターは善と悪とを行ったり来たりする人物です。これは、私が演じてみたかったキャラクターです」
――撮影は徹夜続きだったそうですね。
「この撮影は大変でした。最後の3週間は3日しか家に帰ることができませんでした。帰っていた間も睡眠時間は2、3時間くらいだったでしょう。ほとんど車の中で過ごしていましたね」
「睡眠時間はすべて合わせても20時間に満たないと思います。今まで演じてきた作品の中で最も大変な作品でした」
「しかしながら、親しい友人(監督)と作り上げた作品で、ドラマもすばらしいものなので、最後まで頑張ることができました」




続いて、様々なゲームが行なわれて勝者が素敵なプレゼントを受け取っていた。当選したファンは感激に満ち、興奮状態でステージに上がっていた。
(ページ2に続く)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(前編)

イ・ソジンは2009年のファンミで何を語ったか(中編)

傑作『イ・サン』の主役にイ・ソジンが選ばれた理由とは?

イ・ソジンは時代劇について何を語ったか(前編)

キム・ユジョンは12歳の時に何を語ったか(第1回)

『イ・サン』の主人公の正祖(チョンジョ)は本当に名君だった?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る