ペ・ヨンジュンは2009年の記者会見で自著について何を語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ペ・ヨンジュンがソウルの国立中央博物館で記者会見を開いたのは、2009年9月22日のことだった。この記者会見は、彼の著書『韓国の美をたどる旅』の出版を記念して行なわれた。その5日前にペ・ヨンジュンは体調を崩して入院していたが、この日は元気な姿を見せた。




本を書こうと思った理由

ソウルでペ・ヨンジュンが記者会見に臨むのは久しぶりのことだった。
なにしろ、『太王四神記』の放送時にさえ制作発表会を行なっていない。
ペ・ヨンジュンがソウルで公式に記者会見に臨むのは、2005年9月の『四月の雪』公開時以来のことだ。
それだけに、韓国の国内及び国外から400名以上の取材陣とファンが殺到する騒ぎとなった。
そんな中で、ペ・ヨンジュンは記者たちの質問にていねいに答えた。
――本を執筆して、やつれたのでしょうか。
「文章を書くということがとても辛くて、10キロほど痩せてしまいました。そんなこともあって体力が落ちて体調を崩し、病院のお世話になりました。今は回復していますので、すぐに良くなることでしょう」
――俳優なのに、なぜ本を書こうと思ったのですか。
「日本での記者会見のときに韓国の名所を紹介してほしいと言われましたが、その質問に答えられなくて、恥ずかしい思いをしました」




「韓国のロケ地だけに来て帰られる海外の家族に対して、本当に惜しいという気持ちがありました」
「この方たちが韓国の文化や情緒について理解してくれれば、韓国はさらに新しい意味を持つのではないかと思いました」
(ページ2に続く)

ペ・ヨンジュン 過去への旅路 [第1回]

ペ・ヨンジュン 過去への旅路〔第2回〕

長女誕生で2児の父となったペ・ヨンジュンの家族愛は?

ペ・ヨンジュン 熟睡する俳優魂

後輩俳優にリスペクトされるペ・ヨンジュン

ペ・ヨンジュンが示す「子供への無限の愛」

ページ:

1

2 3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る