対談!韓国語の効果的な学び方(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国語を学ぶときには、どんな点を心掛ければいいのだろうか。複数の大学で韓国語を教えている魏聖銓(ウィ・ソンジュン)氏と、『ヒボン式かんたんハングル』という著書がある康熙奉(カン・ヒボン)氏が、韓国語の学習方法について語り合った。

写真(右)=魏聖銓(ウィ・ソンジュン)
1968年ソウル生まれ。1992年に来日し、大東文化大学卒業後に学習院大学で日本語日本文学博士を取得。現在は法政大学をはじめ、多くの大学で韓国語を教えている。著書は『New!韓国語&会話』(右文書院)。
写真(左)=康熙奉(カン・ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人2世。韓国の歴史・大衆文化や日韓関係を描いた著書が多数。主な著書は『ヒボン式かんたんハングル』『韓流スターと兵役』『韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の歴史と人物』。

韓国語は易しい?

康「大学で韓国語をいつから教えていますか?」
魏「2005年からです」
康「いくつの大学で教えているの?」
魏「今は、法政大学、専修大学などのたくさんの大学で教えています」
康「すごく多いですね。その他では?」
魏「葛飾区(東京都)の市民講座でも教えています」
康「なるほど。今まで数多くの人に韓国語を教えてきて、たとえば韓国語を覚えるときにみなさんがよく勘違いすることは?」
魏「みなさんはインターネットや書物からいろんな情報を得ていますよね。そうすると、日本人にとって韓国語は易しいと考えがちです。そういう面もありますが、そう単純ではありません」




康「易しいと考えればそうだけど、外国語だから難しいと考えれば、それもそうなんですよね」
(ページ2に続く)

対談!韓国語の効果的な学び方(中編)

対談!韓国語の効果的な学び方(後編)

やさしく覚える初級ハングル 第1回・読み方

【連載】ヒボン式かんたんハングル1

やさしく覚える初級ハングル 第2回・リエゾン

【連載】ヒボン式かんたんハングル2

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る