光海君(クァンヘグン)!再評価される暴君

このエントリーをはてなブックマークに追加

追放後に18年も生きた

政治的な業績だけなら名君と言われても不思議ではなかった。しかし、光海君によって排斥された人たちが決起し、1623年にクーデターが起こった。このとき、王宮の護衛兵たちはクーデター軍に抵抗しなかった。それが光海君の人望を物語っていた。世の中が王の交代を望んだのは、兄弟に対する所業が問われたからだろう。
光海君は流罪となり、最終的には都から最も遠い済州島(チェジュド)に流された。
さいはての地に送られたことにショックを受けた光海君だが、それでも済州島で生き続けた。先王としての尊厳を守られたとは言えなかったが、屈辱を胸にしまって島の暮らしになじもうとした。




世を去ったのは1641年で66歳だった。王宮を追われてから18年の歳月が過ぎていた。あの燕山君が島流しにあって2カ月ほどで息絶えたのとは正反対だった。
その後、光海君に対する歴史的評価はかなり変わってきた。今では、彼の政治的な業績を評価する気運も生まれている。
「光海君はクーデターで王宮を追放されたが、暴君ではなかった」
このように、光海君を擁護する風潮も生まれている。悪行のかぎりを尽くした燕山君とはまったく違う王であったことは確かなのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)

光海君(クァンヘグン)は朝鮮王朝でどんな国王だったのか

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

光海君(クァンヘグン)の妻と息子夫婦は悲惨な最期を遂げた!

光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る