『オクニョ』で「悪の女帝」だった文定(ムンジョン)王后の実像は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

NHKの総合テレビで放送中の『オクニョ 運命の女(ひと)』は、まもなく最終回を迎える。このドラマで典型的な悪女だった文定(ムンジョン)王后は、歴史的にも悪政を行なった女性だった。その実像は?

 




息子を国王にするために

文定王后は、朝鮮王朝の11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった。
中宗の二番目の王妃が産んだ長男が、後に12代王になる仁宗(インジョン)だ。しかし、その王妃は産後すぐに亡くなってしまう。そこで、中宗は再婚して文定王后が仁宗の継母になったのである。
文定王后は最初こそ仁宗を可愛がっていたのだが、自分も中宗の息子を出産した。途端に、お腹を痛めて産んだ子を王にしたくなって仁宗が邪魔になってきた。
やがて、文定王后は仁宗の暗殺を狙い始めた。
その手先になったのが、『オクニョ』にも出てくる鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)である。
1544年に中宗が亡くなった後、仁宗が12代王として即位したが、わずか8カ月で世を去ってしまう。




実は、文定王后が仁宗に勧めた餅に毒が盛られていたと言われている。文定王后が仁宗を毒殺した可能性がきわめて高いのだ。
結局、仁宗の死によって、文定王后は自分が産んだ息子を王に就けることに成功する。仁宗に子供がいなかったからだ。
こうして即位したのが13代王・明宗(ミョンジョン)である。
明宗はまだ11歳という未成年だったので、王族最長老であった文定王后が代理で政治を仕切った。
(ページ2に続く)

『オクニョ』の歴史解説!実在の登場人物は悪人ばかりだった

『オクニョ』に登場!明宗(ミョンジョン)を早死にさせた文定(ムンジョン)王后

『オクニョ』の実在した登場人物は実際にどんな人だった?

女帝の手先として暗躍した鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)

史上最悪の夫婦!鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と尹元衡(ユン・ウォニョン)

鄭蘭貞(チョンナンジョン)の人生は悪に染まっていた

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る