韓国のビックリ/追記編23「韓国のスポーツ事情」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本なら、「夏の甲子園」に地方大会から出場する高校の数は3900校くらいもある。相当数の高校が甲子園をめざしているわけだ。韓国で、高校野球の全国大会をめざす学校はどの程度あるだろうか。韓国の人口は日本の40%弱なので、それを当てはめて1500校くらいかな、と想定してみると、これがとんでもないことになる。




日韓の違いは?

なんと、韓国で野球の全国大会に予選から出場してくる高校は55校前後しかない。想定の1割にもはるかに届かない。それでも、韓国は2008年北京オリンピックの野球競技で金メダルを取るくらいの野球強豪国である。
その人材育成を担う高校の野球部なのに、なぜこんなに少ないのか。
わかりやすく言えば、韓国で硬式野球部がある高校が55校前後しかないということだ。サッカー部も同様で、100数校しか全国大会の予選に出てくる高校がないのだ。2002年のFIFAワールドカップでベスト4に入るほどの活躍を見せたというのに、高校のサッカー部はとても少ない。
ここが、高校の部活における日韓の大きな違いだ。




たとえば、日本の高校ならほぼどこでも、陸上部、サッカー部、バスケットボール部、水泳部、野球部(硬式あるいは軟式)、バレーボール部などの人気スポーツの運動部がしっかり揃っている。
生徒は好きなスポーツを選んでクラブ活動を行なうことができる。
しかし、韓国の高校は事情が違う。
(ページ2に続く)

韓国のビックリ/追記編24「されど韓国の女性は強し!」

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る