日本と違う韓国のビックリ31

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

第31回 今までは「割り勘」の習慣がなかった

これほど飲食をして勘定は誰が払う?




ダチペイとは何?

日本では年齢がバラバラなグループが居酒屋で飲んでいたとしても、支払いになると「割り勘」という方式が普通に行なわれている。
しかし、韓国はそうではない。グループで食事をしたときでも、割り勘はほとんど見られない。
たとえば、友人同士の場合、食事に誘った人が代金を支払うのが基本だ。この背景には水臭いことを言わなくても、誘われた人がいつかお返ししてくれて、収支としては一致するだろうという暗黙の了解があるようだ。
あるいは、一次会はAが払って、二次会はBが払い、その次はCが……というケースも見られる。




そういう韓国から日本に来た人が、居酒屋の会計時に1円単位まで割り勘している日本人を見て驚愕した、というのはよく聞く話だ。
韓国では割り勘のことをよく「ダチペイ」と言う。これは英語の「ダッチ・ペイ(オランダ人の支払い)」が韓国的な発音になったもの。
イメージが良い言い方とは言えない。それほど、韓国では割り勘に抵抗を感じる人が多いということだ。
(ページ2に続く)

日本と違う韓国のビックリ32

日本と違う韓国のビックリ(1)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る