BIGBANGの現役兵の3人は兵役を半分終えてどう過ごしている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

折返点を回った

先に説明したように、階級によって仕事量は大きく変わってくる。
そして、上兵になると、やっと自分の時間ができて、休憩時間も自分が好きなように過ごせるようになる。
「上兵になってホッとした」
そういう気持ちになるものなのだ。
とにかく、兵役期間の階級は4段階だが、上兵に昇格すると上級クラスになったと言える。こうなると、部下に何かと指示も出せる。上官から雑用ばかり言いつけられる下級クラスとは大きく立場が変わってくるのだ。




しかも、BIGBANGの3人は兵役期間の半分を過ぎている。折返点を回ったので、精神的にも余裕が生まれているだろう。
なお、2018年10月から兵役期間の短縮が実現し、BIGBANGの3人の除隊日も当初より早くなっている。
新しい除隊日は、G-DRAGONは2019年10月26日、SOLとD-LITEは2019年11月10日となっている。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

BIGBANGの現役兵の3人も体験する恐怖の「雪上訓練」とは?

BIGBANGのV.Iの入隊時期はどうなるか?

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

BIGBANGの3人が前線部隊で注意すべきことは?

除隊日情報!2019年上半期は大物芸能人の除隊ラッシュになる

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る