BIGBANGの現役兵の3人は兵役を半分終えてどう過ごしている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGの3人が最前線の部隊で兵役を続けているが、彼らがいるのは韓国で一番寒い地域である。それだけに、厳寒期の軍務は大変。それでも兵役期間が半分を過ぎて負担はかなり軽減されていると思われる。

上兵になると休憩時間もゆっくり過ごせる(写真=韓国陸軍公式サイトより)




階級が上がっていく

軍隊は階級社会だ。兵役中に階級は「二兵 → 一兵 → 上兵 → 兵長」と上がっていくが、階級が上がるタイミングは以下の通りとなっている。
◆二兵から一兵になるのは入隊から3カ月後
◆一兵から上兵になるのは入隊から10カ月後
以上のことを踏まえたうえで、BIGBANGの3人の現況を見てみよう。
入隊日は、G-DRAGONが2018年2月27日、SOLが3月12日、D-LITEが3月13日だった。
2019年2月10日現在では、3人とも入隊から10カ月以上を経ている。
ということは、上兵になっていることを意味している。
この昇格は大きい。




なぜなら、一兵と上兵では部隊での処遇がかなり違うからだ。
たとえば、二兵がする軍務が100%だとすると、一兵は75%になり、上兵は50%になり、兵長は25%になる。
階級が上がるごとに負担がどんどん減っていくのだ。
(ページ2に続く)

BIGBANGの現役兵の3人も体験する恐怖の「雪上訓練」とは?

BIGBANGのV.Iの入隊時期はどうなるか?

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

BIGBANGの3人が前線部隊で注意すべきことは?

除隊日情報!2019年上半期は大物芸能人の除隊ラッシュになる

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る