『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!/トッケビ再読7

このエントリーをはてなブックマークに追加

2人の食事のシーンが面白い

最初から2人は反目する。それは当然かもしれない。友人同士が仲良く同居するのとは訳が違うからだ。
とにかく、キム・シンは自分の胸に刺さっている剣を抜いてくれる「トッケビの花嫁」を見つけなければならない。
一方の死神は、自分の仕事として死んでいく人をしっかりと導いていかなければならない。




そんな2人なのに、まるで学生の共同生活のように何かと小さなことでいがみ合っている。そういった場面は、シリアスなストーリーの中でも、思わず笑いがこぼれるような和やかなシーンになっている。
外に出ると、キム・シンも死神も自分のやるべきことをやらざるを得ないので深刻な表情になるが、家に帰ってくると2人ともリラックスする。
特に2人が食事をするシーンが見モノだ。お互いに離れて座りながら、気に入らないことがあると食器を相手にぶつけたり、わざと食事を邪魔したりする。
そんなイザコザの場面でのコン・ユとイ・ドンウクは、どう演じればこれほど笑いを誘えるのかと思えるほどに面白い。
(ページ3に続く)

コン・ユが主演した『トッケビ』は現代と過去が交差する珠玉の物語!

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

『トッケビ』に主演したコン・ユにとって「最良の年」とは?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る