BIGBANGのV.Iが寒さに耐えるSOLの近況を語った!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

BIGBANGのV.Iは、韓国のテレビ番組『アイドルルーム』(JTBC)の12月25日放送分に出演し、軽快なトークを披露した。その中で、V.Iは同じくBIGBANGのメンバーのSOLについて近況を語った。

雪の上の軍務は本当に寒い(写真=韓国陸軍公式サイトより)




冬は零下20度以下

テレビ番組『アイドルルーム』の中で、V.IはSOLの近況について次のように語っていた。
「現在生活している場所がロシアより寒いらしい。SOLは『ロシアに行ったことはないが、きっとロシアより寒いはずだ』と嘆いていた」
この言葉は決して誇張ではない。
実際、SOLは寒さに震えていることだろう。
振り返ってみれば、SOLは2018年3月12日に青星部隊(第6師団)の新兵教育隊に入って兵役をスタートさせた。
青星部隊は江原道(カンウォンド)の鉄原(チョロン)郡に駐屯している。場所はソウルから東北側に80キロほどの距離だ。
鉄原郡と言えば軍事境界線のすぐ南である。つまり、韓国で一番北にある地域だ。しかも、山岳地帯なのでとにかく寒い。




冬は零下20度以下になることが多い。
たとえば、零下5度の場合でも「今日はそんなに寒くないな」という言葉が交わされるほど、通常の寒さは厳しい。
(ページ2に続く)

青星部隊(第6師団)はどんな部隊なのか?

BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

BIGBANGの現役兵の3人!部隊の中でどう過ごしているか

BIGBANGのG-DRAGON、SOL、D-LITEの除隊日はいつに早まるか?

BIGBANGの3人が前線部隊で注意すべきことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る