白骨部隊の新兵教育隊ではどんな毎日を過ごすのか/2018アクセス順位6位

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

新兵教育隊に入隊するときには様々な決まりがありますが、絶対に所持してはいけないものが数多くあります。たとえば、携帯電話、カメラなどの貴重品、ネックレスや指輪などのアクセサリー、たばこ、酒、飲食物などです(2018年のアクセス順位で6位になった記事を再掲載しています)。

写真=韓国陸軍公式サイトより(写真はイメージです)




慣れない大部屋生活

今の若者にとって、入隊と同時に携帯電話を使えないというのはとても辛いことですが、軍隊ですから仕方がありません。
そして、あらゆる生活必需品が入隊時に新兵教育隊から支給されます。それにともなって、入隊するときに着ていた私服は実家に送り返されます。
不安の中で始まった新兵生活。彼らはどんなところで寝るのでしょうか。
基本的に、新兵は全員が大部屋で寝泊まりします。10人以上の兵士たちがからだを寄せ合って大部屋で「ざこ寝」をするというのが実態です。
それまで個室でゆっくり寝ていた人にとって、大部屋での就寝は辛いのですが、軍隊ですから辛抱するしかありません。どんなに他人のいびきが気になっても、慣れるしか方法がないのです。




また、新兵教育隊の兵士たちは、訓練中には原則として外部に電話をすることができません。
ただし、手紙を送ることは許可されています。
(ページ2に続く)

白骨部隊(第3師団)はどんな部隊なのか?

白骨部隊(第3師団)がある鉄原(チョロン)はどんな所なのか

白骨部隊の新兵教育隊ではどんな訓練をするのか

白骨部隊・青星部隊・勝利部隊・イギジャ部隊の共通点は?

白骨部隊・青星部隊・イギジャ部隊の新兵訓練は何をする?(前編)

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る