心がホッカホカする話!チャン・グンソクが練炭を寄付した意味は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の芸能人は「公人」という意識がとても強い。自分の社会的な役割をいつも考えている。それだけに慈善活動に熱心な人が多いが、その中でもチャン・グンソクは特別だ。今回は兵役中にもかかわらず、練炭を寄付して話題になっている。




冬の必需品

チャン・グンソクは12月1日、ソウル社会福祉共同募金会を通じてソウル市立永登浦(ヨンドゥンポ)チョッパン相談所に1万3000個の練炭を贈った。
その練炭は、チョッパン村(貧しい人たちが住む地域という意味)で使われる。
チョッパン村の関係者も「寒さが厳しい時期に住環境がよくないチョッパン村に練炭をたくさん贈ってくださって大変感謝しています」とチャン・グンソクを讃えている。
日本からすれば「なぜ練炭を?」と考えるかもしれないが、韓国では従来から冬には練炭がとても重宝されてきた。
なぜ、それほど必要だったのか。
まずは寒い時期の暖房になる。オンドルにもよく使われてきた。
さらには、鍋物を作るときの必需品だった。




特に、韓国の人たちは鍋物が大好きで、冬は鍋を囲んで大勢で食事をするのが日常の風景だった。
そのときによく使われるのが練炭だ。
(ページ2に続く)

練炭を寄付したチャン・グンソク!兵役履行中でも慈善活動を継続

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

チャン・グンソクが1億ウォンを寄付した漢陽大学とはどんな大学?

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

多才なチャン・グンソクは俳優から監督をめざすのか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る