〔新編〕素朴な疑問!兵役を拒否したらどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の兵役法の第3条には「大韓民国の国民たる男性は、憲法とこの法にしたがって兵役義務を誠実に履行しなければならない。女性は志願によって現役および予備役としてだけ服務することができる」と規定されている。しかし、男性が兵役を拒否した場合には、どうなるのだろうか。

兵役を拒否する理由

韓国の兵役法には、兵役拒否の際の規定がある。
それは第88条だ。次のように書いてある。
「正当な理由がないのに決められた日まで入隊しなかったり召集に応じなかった場合は3年以下の懲役に処する」




つまり、兵役法の文面を正確に解釈すると、兵役を拒否した人は3年以下の懲役という実刑を受けることになる。
この「3年以下」というのは適用範囲が広いのだが、現在は1年6カ月の懲役に処せられて服役する人が多いようだ。
その数は、毎年500人前後と推定される。
彼らが兵役を拒否するのは宗教上や良心の問題だ。
「信仰、あるいは良心に従って人間に危害を加える訓練を受けるわけにはいかない」
この場合は「良心的兵役拒否」と称される。
(ページ2に続く)

韓流スターが受ける予備軍の訓練とは何か

BTS(防弾少年団)にも影響? 今後大きく変わる芸能人の兵役問題

韓流スターの兵役が気になったらこれだけは絶対に知っておこう!

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

韓流スターの兵役はきびしく監視されている

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る