『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

このエントリーをはてなブックマークに追加

何度でも繰り返し見たい

さらに、コン・ユの言葉が続く。
「女性の視聴者の皆さんが好きなロマンチックな部分においては、本来の自分とはあまり似ていないかもしれません。その点は、脚本家の先生がその状況を上手に作ってくださいました。監督もとても美しく演出してくださったので、そんな面でも俳優としてさらに輝けたのだと思っています」
確かに、『トッケビ』の中でコン・ユは輝いていた。




彼の演技に対する評価も高く、韓国でも権威がある2017年百想芸術大賞・テレビ部門の男性最優秀演技賞につながった。
コン・ユの授賞式での発言が良かった。
「重くて大きい賞は、弱い私に対して、『しっかりせよ』『もう躊躇せずさまような』と言っているかのようです」
こう語って、コン・ユは『トッケビ』で演技を評価された喜びを語った。
何度でも繰り返し見たい珠玉のドラマ『トッケビ』。見るたびに、コン・ユの演技に魅了されて、心地よい余韻に浸ることができる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る