韓国時代劇の四大特徴とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国時代劇に登場する人物と歴史にスポットを当てたわかりやすい歴史解説書が『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)です。この本は韓国時代劇を扱っていますが、基本にかえって、韓国時代劇の四つの特徴について考えてみましょう。

康熙奉(カン・ヒボン)著『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(実業之日本社発行)




対立軸を明確にする

韓国時代劇の一番目の特徴は、主人公がいじらしいほど一途に頑張るということです。韓国時代劇の巨匠と称されるイ・ビョンフン監督の作品は特にこの傾向が強く、その基本方針がストーリーの全編を飾っています。
「主人公が一途に頑張って最後は成功に結びつくというサクセス・ストーリーは、視聴者に共感してもらえて視聴率が高くなる」という方程式に沿ってイ・ビョンフン監督は時代劇を作っています。『宮廷女官 チャングムの誓い』『イ・サン』『トンイ』『オクニョ 運命の女(ひと)』など、イ・ビョンフン監督の作品は日本でも人気がありますが、ことごとく、主人公が一途に頑張るという内容です。
特に、“一途”というところが鍵になっています。現実であれドラマであれ、人が一途に何かに取り組んでいる姿は清々しいものです。
韓国時代劇の二番目の特徴は、厳しい身分制度が必ず出てくるということです。特に、朝鮮王朝時代を描いたドラマでは身分制度が大きなキーワードとなっています。なぜなら、この時代の社会は身分制度を抜きにしては語れないからです。
特に、身分制度で一番下に位置づけられたのが賤民(チョンミン)です。奴婢、芸人、妓生(キセン)などが含まれますが、この人たちはドラマの中でいつも虐げられています。しかし、決して黙っていません。最下層の身分ながら、自分の才覚で必死にのしあがっていこうとします。そこにドラマ性が生まれる下地があり、韓国時代劇はそういう人たちを好んで登場させます。




三番目の特徴は、登場人物たちの対立軸を明確にするということです。
つまり、対立する両者が葛藤することでいろんな問題が起きる……これがドラマの中心設定であり、ひと筋縄では解決できない問題が登場人物たちの関係をややこしくします。特に、悪役が重要となります。その悪役もただ性格がひどいというように描かないで、立場上そうならざるを得なかった理由を必ず盛り込みます。
たとえば、『王女の男』を見てみましょう。
(ページ2に続く)

張禧嬪(チャン・ヒビン)はワガママ粛宗(スクチョン)の犠牲者の1人!

今の韓国で朝鮮王朝は「思い出の揺りかご」なのか?

なぜ韓国時代劇はこんなに面白いのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后を物語る赤いチマ岩の伝説とは?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る