炎熱の新大久保で身も心も燃えていく!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

連日の猛暑が続く日本列島。これだけ暑いと、さすがの新大久保も人出が少ないのかと思ったが、とんでもない。大久保通りを歩けば、歩道から溢れんばかりに人が集まっている。どんなに暑くても、出かけていきたいのが新大久保なのだ。

猛暑の中で新大久保にやってきた

「ソウル市場」でコチュジャンを買った




暑いときに熱い食べものを!

暑さを乗り切るためにはいろんな方法があるが、辛いものを食べるというのも1つの方法だ。身体の中からエネルギーを発散させようというわけだ。
そこで、新大久保の「ソウル市場」にやってきた。狙うのはコチュジャンだ。ここでは様々なコチュジャンを売っているので、用途に応じたコチュジャンをまとめ買いした。こうして、家庭で辛い料理を作るのに備えた。
さらには韓流ショップを次々に回っていって、お目当てのK-POPスターのグッズを見て歩いた。
あんまり楽しいと、すぐにお腹が空いてくる。
これほど暑いと冷麺を食べたくなるが、韓国料理というのは暑いときに熱いものを食べるのが基本になっている。逆に、寒いときに冷たいものを食べる。冷麺はむしろ冬の食べものなのだ。
そこで、熱いものを食べることにした。




新大久保なので、チーズタッカルビを選んだ。
それならば、「市場(シジャン)タッカルビ」が一番人気だ。90分待ちが当たり前だが、店頭のリストに名前を書いておけば、たとえ並んでいなくても携帯電話で呼び出してくれる。(ページ2に続く)

チョー楽しい!新大久保の人気店をめぐってみた

超人気のチーズタッカルビを新大久保で食べてみた!

新大久保で超人気のアリランホットドックを食べてみた!

新大久保でいま一番注目のヘルシーなグルメとは?

新大久保の気楽で面白い歩き方

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る