コン・ユが導く『トッケビ』の世界が人間の生死を乗り越えていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

生死を乗り越えた世界

コン・ユは『トッケビ』に主演して権威ある百想芸術大賞を受けたとき、「重くて大きい賞は、弱い私に対して、しっかりせよ、もう躊躇しないでさまような、と言っているかのようです」とスピーチした。
この言葉を聞いて、コン・ユは容易には『トッケビ』の描く世界から抜け出せないと感じた。
いや、逆に言えば、簡単に抜け出してはいけないのだ。




『トッケビ』が描く死生観は人間の根源を問うものであった。コン・ユも、キム・ゴウンも、イ・ドンウクも、3人はまぎれもなく生死を乗り越えた世界の住民だった。
そこに生きた感覚は、3人が俳優を続けていくかぎり去っていかないだろう。
そして、『トッケビ』を見た人もまた、ドラマの世界を共有しながら人間の生死を乗り越えようとしていた。
そういう世界観を示してくれたという意味で、『トッケビ』ほど長く余韻を残してくれたドラマも他になかった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

https://goo.gl/qeh7mt

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る