2PMのウヨンが入隊した白頭山部隊(第21師団)とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏の新兵訓練

もし北朝鮮が南側に侵攻してくれば、楊口郡の北部が一番の激戦地になるだろう。それだけ、白頭山部隊は最前線で韓国の国防を担っていると言える。
なお、白頭山部隊は歩兵の師団であるが、それは「軍事境界線を守るための歩兵」をたくさん抱えているという意味だ。
こうした白頭山部隊の新兵教育隊に入ったウヨン。ここで5週間の新兵訓練を受けることになった。




駐屯しているのが山岳地帯ということを常に頭に入れておかなければならない。アップダウンが激しい場所なので、訓練でも足腰に負担がかかる。それだけ、ケガに注意しなければならない。
ただし、からだが鍛えられるとも言えるのだが……。
季節的には恵まれたかもしれない。今後は真夏の訓練になるが、楊口郡はソウルに比べると、はるかに涼しい。
少しでも、体力の消耗を防げるかもしれない。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

FTISLANDのイ・ホンギが入隊する白頭山部隊(第21師団)とは何か?

FTISLANDのイ・ホンギが兵役の最初に受ける新兵訓練とは?

2PMのウヨンはどんな新兵訓練を受けるのか

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

Kポップファンのための兵役知識2「入隊」

Kポップファンのための兵役知識3「新兵訓練の準備」

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る